医療法人法

「医療法人とはどういうものか?」ということを知っておくことの重要性

当たり前のことですが、医師は医療法人と様々な接点を持つことになります。
独立された医師が開業して何年かたって経営が軌道に乗ってきて、「そろそろ医療法人にした方がよいのではないか?」とお考えになるということもあるでしょう。
あるいは代々医師の家系でらっしゃって、ご自身が理事長として先代のあとを継いだときにはすでに長い歴史のある医療法人であった、ということもあるでしょう。
これから医療法人化を考えている方の多くは、「税金対策のためにも医療法人になった方がよい」とか「信用がつく」というような話をお聴きになり、「それでは医療法人にしようか?」と考えたはじめたように見受けられます。
もちろん、そういった考え方自体は間違ったものではありません。しかし、医療法人になるということはいいままでは院長先生と一体だった病院・診療所を全く別の医療法人という団体に切り離して、いわば独立させるわけですから、法律的には個人病院・個人診療所であったときとは全く異なった性質になるわけです。
また、歴史のある医療法人であっても、実際には親族を中心とした家族経営であることも多く、あまり「医療法人」という組織・団体を独立したものとしてそれほど意識することなく今まで来てしまったという法人も多いように見受けられます。
それで何も問題が起こらないうちは良いのですが一旦医療法人内部で何らかの問題が起きると途端に医療法人の法律論の問題が出てくることになります。
医療法人になるということがどういうことなのか、あるいは医療法人であるということが法律上どの様な意味を持つのかという事について、医療法人化を考える院長先生ならびに現在理事長、理事・社員になられている方は是非とも把握されておいた方が良いと思います。

医療法人法入門

医療法人法入門(1)-医療法人になるとはどういうことなのか?-(平成25年4月3日)

医療法人法入門(2)-医療法人の組織は、医療法と定款で決まる-(平成25年4月16日)

医療法人法入門(3)-医療法人の社員・社員総会について(前半)-(平成25年9月25日)

医療法人法入門(4)-医療法人の社員・社員総会について(後半)-(平成26年2月10日)

医療法人法入門(5)-医療法人の監事について-(平成26年4月1日)

医療法人法入門(6)-医療法人の理事について(前編)-(平成26年6月24日)

医療法人法入門(7)-医療法人の理事について(中編)-(平成26年7月1日)

医療法人法入門(8)-医療法人の理事について(後編)-(平成27年5月1日)

医療法人法入門(9)-医療法人の理事会について-(平成27年5月18日)

医療法人法入門(10)-医療法人の社員総会・理事会・理事長の関係-(平成28年1月19日)

医療法人法入門(11)-医療法人の理事長について(1)-(平成28年2月13日)

医療法人議事録の書き方入門

医療法人議事録の書き方入門(1)-医療法人の議事録を作る立場になった方へ(平成28年1月12日)

医療法人議事録の書き方入門(2)-【表題】 【日時】 【場所】 の書き方(平成28年1月16日)

医療法人議事録の書き方入門(3)-【出席者】 の書き方(平成28年5月4日)

医療法人に関する解説

医療法人の登記簿について -(平成26年5月15日)

最近の記事

  1. 陳述書

    2018.07.8

アーカイブ

よく読まれている記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP

執筆・取材

弁護士ドットコムNEWSに取材記事が掲載されました。「がん患者の「余命告知」は義…

執筆・取材

日経ヘルスケア2018年8月号に医療広告に関する執筆が掲載されました。

ニュース評釈

【ニュース評釈】HIV感染理由に内定取り消し

医療事件

陳述書

医療事件

医療事件における美容外科

医療事件

訴状の見方、読み方(2)

医療事件

訴状の見方、読み方(1)